『のぼうの城』の近くの中学校『忍中学校』

Share on Facebook
LINEで送る

行田市立忍中学校

行田市立忍中学校は、昭和二十二年、学制改革によって設立されました。
行田市は利根川や荒川が流れており、水と緑いっぱいの市。
忍中学校は、行田市の中央、忍城二の丸跡に忍中学校はあります。
校訓は、自治、共同、勤勉。
地域や時代の要請、そして生徒や保護者の希望を取り入れながら、教育活動を行っています。

忍中学校は、生徒たちの輝かしい未来を手助けするための教育を行っています。
夢、希望、生き抜く力は、人間の生きる力となります。
そして生徒が自ら未来を拓くための力を育んでいるのです。
教師も一丸となり、熱意や、誠意、創意を大切にしながら、生徒たちを育てる手助けを行っています。

忍中学校の教育目標は、自ら学び、ともに鍛え、未来を拓く人になる。
そのためには、個人個人のための教育や指導が必要になって来ますよね。
忍中学校は、その点も考慮をしています。
一人一人を、しっかりと、チェックし適切なフォローができる中学校だからこそ、個人の力を伸ばすことができるのです。
スポーツを中心とした部活動も充実。
二年生は中学生社会体験学習なども行われており、実際に社会で仕事をすることについて触れられます。
もちろん体育祭なども充実。
行田市立忍中学校は、生徒の成長だけではなく、仲間と共に成長してすばらしい青春を送るための環境が整えられています。

This entry was posted in 日常.